<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - - | 少年Aの散歩 | 投票 |
(無題)
このところ週に2回くらい動悸と涙が止まらなくなる。
それ以外は死なないために浮かれている。
今頃は天に召されているのだろうか。
もう、急にやってくる。

わたしのものにはならないのだ。
数ヶ月か数年かのその永遠にわたしは狭間で苦しむだけなのだ。
鳥籠の中でうたいながら朽ちていくのだ。
浮かれながら。でも飛べないで。

誰も悪くないのはわかっているし、すべてが誰かの我儘でしかない。
わたしたちはカラフルな世界の中でたまたま色を背負うのである。ルーレットのようにそれは時折きめられる。
わたしはいま何色だろうか。灰色かうすい水色だ。まるでかわいた泥のようだ。

あなたは?
それがわかれば苦労はしない。
今頃は天に召されているのだ。

わたしは砂漠の真ん中でただ一人孤独に、目に見えない行列のずいぶん後ろの方に立たされている。
なにもわからない。それで週に2回くらいは、動悸が、涙が、止まらなくなる。

ゆっくり歩いて行くんだろうか。
このまま立ち尽くすのだろうか。
UFOが来て連れ去ってくれるか。
なにもわからないでただ、血をうねらして泣いている。とても静かに。誰もいない部屋で。すべての人類の幸せを祈って。わたしはそこに入れるのだろうか。いまだ半信半疑のままだ。

ああ、そうだ、すべての人類よ。
あなたがたはみなわたしの愛するあの人なのだ。同一のものだ。だから祝福を受けてくれ。そうでなければ、わたしはあまりにさみしいのだ。
助けてください。

この瞬間に星は砕け大陸は沈み海の水は裂けた大地にすべて呑み込まれます。
はじめは何気なくつけたろうそくの火なのです。あなたはあまりにもそれに上手に火をともした。いまでは焼き尽くす火焔となってわたしを足からあぶっています。こんな地球ではなかった。こんな土ではなかったのに。わたしは裸足で駆け回りたいのだ。

別に責めるつもりもないのです。それが宇宙というものですから。ただわたしは時折にだけ、週に2回くらいだけ、動悸と涙がとまらなくなるのです。あまりにもわたしは緑を愛しすぎました。そしてわたしたちは幸福すぎるのです。

静けさが怖い。音楽が止まってしまった。しかしうたえば死が近づく。
金縛りのようにわたしは祈り続けている。
こんなにつらいことはないのだ。
波にさらわれていく。
雨雲がやってくる。
遠くには幾つかの救急サイレンが輪唱のようにさわいでいる。
この夜は二度とない。だから恐ろしいのだ。明日にはもう、今宵は死す。
新しくもない毎日が積み重なっていく。

普通の日々が連なっていく。

わたしは永遠にこの行列の真ん中に立っているのだろうか。目に見えない行列の。そして泣き続ける。とても静かに。浮かれながら。うたいながら。やがて心臓は血によって破裂するだろう。
| カオス | 19:53 | comments(0) trackbacks(0) | 少年Aの散歩 | 投票 |
プリキュアの美しき魂
 プリキュアを見るのは主に女児である。
 しかし、小学二年生くらいになると「卒業」する子が多いようだ。
(いつ卒業するかには個人差があると思うけど、僕が聞き取りした感じではだいたいそのくらい。)
 一作目『ふたりはプリキュア』は2004年2月に始まっているので、当時(2004年度とする)に小学二年生だった子は高校一年生になっている。
一作目を見ていたという高校三年生の女の子に、プリキュアについて覚えているか聞いてみたら、「面白かった」という印象はあるが、詳しくは覚えていないという。だいたいそんなもんだろう。
 中学三年生の女の子に聞いてみたら、やっぱり似たような感じだった。夢中になっていたことは覚えていても、内容の詳しいところは覚えていない。どっちがメップルでどっちがミップルだっけ? とか、そういった感じである。
 女児にとってプリキュアとは(おジャ魔女どれみやなんかでもそうだと思うが)、「面白かった気がするけど、よく覚えていない」ようなものなのだ。僕はそれでいいと思う。というか、そうだからこそいいとさえ思う。覚えていなくても、プリキュアの美しき魂は心の奥底に張り付いているはずだ。仲良くなって、客観的に見てもいい子だなと思えるような女の子が、「ちいさいときプリキュア(初代)好きだったなあー」とか言っているのを聞くと、本当に本当にうれしくなる。名作とはそういうものだ。むしろ「覚えている」というのは、そういうことでもあるのかもしれない。具体的なことはすべて忘れてしまっても、必ず何か残るものがある。心が覚えている。それこそを僕は「プリキュアの美しき魂」と呼びたい。

 ところで僕は、三作目以降のプリキュアは少しずつ堕落していったと思っている。詳細はともかく、僕はそういう前提の上でこの文を書いている、ということが重要なので、一旦そういうことにしておいてほしい。
 プリキュアは、決して堕落してはいけない。小さいころ「プリキュアの美しき魂」に魅せられていた子供たちが、堕落したプリキュアを見たらどうなるだろうか? 「あれ? プリキュアってこんなもんだったっけ? 小さいころは夢中になって見ていたけど、大きくなってから見たら大したことないじゃん。なあんだ」と、なってしまうのが僕は恐ろしいのである。彼女たちは、「なんか今のプリキュアって面白くないなあ」と確信できるほど、プリキュアのことを正確に覚えてはいない。
 堕落したプリキュアは、「覚えていない」ということにつけ込む。「あんまり覚えていないけど、私が見ていたプリキュアは面白かった気がするから、今のプリキュアも子供たちにとっては面白いんだろう」と思わせる。無垢な子供たちは「面白い」と言うかもしれない。しかし、そこには僕が(主観的に、しかし確信的に)思う「美しき魂」はないのである。
 はっきり言ってしまうが、堕落したプリキュアはかつて女児だった女の子たちの想い出を踏みにじっている。楽しかった、なぎさやほのかとの想い出を、「こんなもんだったっけ?」に変えてしまう。「なんかオタクの人たちがやたら好きとか面白いとか言ってる……私が好きだったのってそういうのだったんだぁ……」と、思わせてしまう。そして、プリキュアの美しき魂を、ひょっとしたら無効化させてしまう、かもしれない。そんなやわなものではないと信じたいが。
『ふたりはプリキュア』は面白かった。面白かっただけではなく、本当に大切なことばかりを女児たちに語りかけていた。

 今話題になっている女児カバン詰め込み事件の犯人は、ツイッターのアイコンを『ハートキャッチプリキュア!』(2010年)のキャラクターにしていたという。だからなんだっていうことを言うつもりはないが、「犯人はプリキュア好き」なんていう報道の仕方もされてしまって、なんだか悲しくなってしまった。
| カオス | 18:52 | comments(0) trackbacks(0) | 少年Aの散歩 | 投票 |
【イベントのお知らせ】12/23(祝)、新宿にて朗読会
開設より8年と2ヶ月と21日を記念して、朗読会を催します。


●とき

2010年12月23日(木曜・祝日)17:00開場 17:30開始予定
※場合によっては5分で終わってしまうので、お早めにご来場ください


●ところ

新宿ゴールデン街 花園一番街「無銘喫茶」
(JR新宿駅東口から徒歩 詳しくはhttp://mumei.co.jp/
※矢崎が木曜のみ店主を務める小さなバーです。お酒・コーヒーなど飲めます。
 参加費はここでの飲み物代です。高くありません。


上記にて、
矢崎隆雄による自作詩の朗読を行います。

つきましては読者さまからの投票により、読む詩を決めたいと思います。
投票所を用意しました。

http://www2.finito-jp.net/vote/comvote.cgi?id=yazakita
予備:http://www2.finito-jp.net/vote/comvote.cgi?id=yazakit

こちらに、「読んでほしい詩のタイトル」を記入し、投票してください。
ほっとくと消えるので気をつけてね!

詩は、「年代」から適当に探していただくのがよいと思いますが、
「単語」から探すのがおすすめです。
ページの上のほうにある検索フォームにテキトーな単語を入れると、
その単語が使われている詩が出てきます。楽しいですよ!

多く票を集めた作品(上位若干数)には、続編または姉妹編を書きます。

また、「存在しないタイトル」が投票された場合、
当日までにそのタイトルで詩を書き、それを読みます。

よろしくお願いいたします。
| カオス | 17:00 | comments(0) trackbacks(0) | 少年Aの散歩 | 投票 |
『芝浜』(新春蔵出し!まるごと立川談志 080103 NHK総合)覚え書き
【総論】
談志の落語は「断片から全体を想起させる」という仕組みになっている。
あるいは「非論理を積み重ねて論理にする」という力技。

談志は「芝居をしない」あるいは「台詞を言わない」。
脚本というのはどうしても論理的になってしまうが
談志の落語は決して論理的にはならない。
「非論理」しかない。
そして細部の「非論理」は、どういうわけだか全体の「論理」を導いてしまうことがある。
ちゃんと演じた場合はそのようにしかならないはずだ。

【各論】(一部)
「うれしかったよ」と「別れないで/好きだよ」は、勉強不足なだけかもしれないけど、初めて聴いた言葉だった。

「うれしかったよ」を「旦那が更正したこと」ではなくて「旦那が大金を拾ったこと」に対して使い、大家に「身につけたらろくなことがないから《届けろ》」と言われたことを明言したことで、「女房が下心を持ってネコババした」が強調される(結局届けなかったわけだから)。女房を善人として描いていない。さらに「好きだよ/別れないで」を加えて、「金もほしいし、《立派な》旦那もほしい」という女の欲望をストレートに表現している。(これが番組中の言葉で言えば「人間の業の肯定」になるのだろう。)

女房の欲望を見せることで「説教臭さ」は消えて、旦那とはいわば共犯関係になる。善でもなければ立派でもなく、ただただそこには「金と、自分が愛せるような男がほしい」という欲望がある。ここにもし「隠さなければ旦那はダメになる。ダメな男は愛せない。以前はダメな男ではなかった。だから再び元に戻るはずだ。私の愛せるような男に。」という発想があるのだとしたら、「だめんずうぉーかー」なり「男のDVに耐える女たち」の心理と重なる。(これを番組の言葉で言うと「伝統を現代に」ですかね?)

だって、「別れないで/好きだよ」っていう言葉を吐くのは「金があり、働くようにもなった夫=理想の男」を目の前にしてのことだもんね。「ダメ男でもいいの。あたしがなんとかするから…」という種類の愛情はだから説得力を持たない。今回の『芝浜』では、金を隠した目的は「夫を更正させる」という愛情よりもむしろ「夫が逮捕されるのを防ぐ」という打算(大晦日の告白で強調される)のほうが強いようにさえ思われた。


さげの「本当に飲むぞ?」を、あまり引っ張らずにわりとさらりと「よそう」へ持っていき、さらにさらりと「また夢になるといけねえ」へと流したのも、ちょっと意外な感じがした。あれは何かっていうと、たぶん「冗談」なんだろう。だって「冗談交じりの笑顔」に見えたんだもの。少なくとも《悩んで迷って苦しみぬいた真剣な表情》ではない。あるいはもしかしたら、「酒を飲みたがり、勧めてくる女房」への「たしなめ」も含まれていたのかもしれない。そりゃそうだ、本当に人が変わっていて、しかも最後には《結局飲まない》を選ぶのだとしたら、たいして迷わなくても不思議はない。むろん、真剣に迷うのも「人間の業の肯定」になりうるのだが、それは「旦那の業の肯定」を描く場合で、「女房の業の肯定」を描くのであれば、あまり迷わず、冗談交じりに「たしなめ」をほのめかすような顔をしたほうが良い。

「こいつは自分に言ってんだ! おめえに言ってんじゃねえぞ」と、芝浜の財布が夢であったと悟った(実際は騙されたわけだが)時の旦那は言ったわけだが、さげの「よそう。また夢になるといけねえ」は、果たして《誰》に向かって言ったのか? 自分に言ったのであれば「旦那の業の肯定」だし、女房に言ったのであれば「女房の業の肯定」になる。演出なり聴き手次第。
| カオス | 05:44 | comments(0) trackbacks(0) | 少年Aの散歩 | 投票 |
早く帰って来い!








       
        待ちくたびれたよ


| カオス | 15:31 | comments(0) trackbacks(0) | 少年Aの散歩 | 投票 |
笑え笑え笑い飛ばせ明日の午前三十二時には君は永遠に僕のもの君の瞳を頬張ったなら空っぽな情愛は君を包んで夢の国へと
命?


| カオス | 22:51 | comments(0) trackbacks(0) | 少年Aの散歩 | 投票 |
ジュンガル部のホープ渚に潜む
ドラクマ銀貨の重みに耐えて
リュクルゴスを罵倒したって仕方のないこと

いろんな人がいろんなことを言っている
けど誰もが知っている
何をか


すべては一点に集まる
凝視
眼が集まる
忘れられている原則

眼を
見ていることも忘れて
そむけてみたって仕方のないこと

みんな見ろ
僕をミロ
僕を知れ
痴れ者と笑え
そして忘れて
見ていることを忘れて
いい気になって
知らないうちに

爆発させて 早いうちに


| カオス | 16:06 | comments(0) trackbacks(0) | 少年Aの散歩 | 投票 |
君の躰に僕の知らないキスマーク月の明かりに照らされてこっちを見てるよなんて魅惑的な乳首僕の心はときめいて
生。


| カオス | 15:21 | comments(0) trackbacks(0) | 少年Aの散歩 | 投票 |
        ビッグクランチで会いましょう                    
 君を待とう
 たとえどれほどに
 排他原理が我らを引き裂こうとも
 たとえどれほどに
 時間の矢に貫かれようとも
 事象地平の彼方に
 君の姿が見える限り
 僕は君を待つ

 君と融合出来たなら
 どれほど嬉ばしいことだろうか
 僕は核力の名のもとに
 君を決して離さないだろう
 そして君の中で
 π中間子を交換するだろう
 質量欠損をしたって構わない
 エネルギーよ、放射されるがいい
 エントロピーよ、増大するがいい
 君と融合できるのであれば僕は
 マクスウェルの悪魔に
 魂を売っても構わない

 この世界に
 戻る秩序なく
 光り超えたるものもなく
 ただただ全ては
 不確定性の手のひらで
 光円錐を突き抜ける日を夢見て
 むなしく踊り狂うのみ
 なんて
 誰でも知ってる
 そうさ
 だけれども
 宇宙定数が押し黙り
 神がさいころ遊びをし
 好奇心が猫を殺してしまう
 そんな
 そんな世界でもあることは
 みな忘れてしまったのだろうか?
 だからこそ僕は
 君を待っているのだというのに
 
 君を待とう
 いつか融合する日を夢見て
 僕らは星になるだろう
 白色矮星になるだろう
 僕らは
 どこまでも大きく
 幸福も歓喜も
 光すら我が身に閉じ込めるように
 どこまでも大きくなろう
 そしていつか
 チャンドラセカール限界を超えて
 白くきらめく
 ブラックホールとなろう

 たとえこの身、蒸発しようとも



| カオス | 19:46 | comments(0) trackbacks(0) | 少年Aの散歩 | 投票 |
春でぇむん
いいあんべぇ


| カオス | 16:52 | comments(0) trackbacks(0) | 少年Aの散歩 | 投票 |