<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 火花と銅線 | main | お茶と魔法 >>
おとなしい愛

深い発熱

キリストのこと

愛するべきか

忘れるならば

偉大なる誰かと僕の思い出は

たぶん永遠にくり返されてゆく

 

夜のうちに

星は輝き終わって

広がる空がほしいまま

駅に向かう二人をとても小さく見せる

 

石はアスファルトに

猫は前方に

公園は背景に

何もしなくても絶対に

 

酔うのは人の心でなくて

若い時代の記憶であって

酩酊するのは歴史のかけら

指先が震え

積めないピラミッド

いつかいつか

すっきりと風化して

三角になる

 

すらりと長く

美しい僕の身体を褒めて

 

おとなしい愛に

確かな不安

終わるとしたらきっと明日

あの味をそっと思いだすとき

| | 18:35 | comments(0) trackbacks(0) | 少年Aの散歩 | 投票 |
スポンサーサイト
| - | 18:35 | - - | 少年Aの散歩 | 投票 |









http://yazakit.jugem.cc/trackback/825