<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< おとなしい愛 | main | 欄干とボール >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - - | 少年Aの散歩 | 投票 |
お茶と魔法

退屈だと思って生きているのに

大きな魚が泳ぐ川のように

週末の

 

魔法

 

お茶をいれます

 

何がって

僕とは君のこと

立つ湯気はからっぽ

 

心の中のすべての記憶の

最もよい部分だけが

そこであつまって絡まって

一人の人間になっているようなこと

だから僕とは君のこと

 

永遠に減りそうもない湯飲みのお茶が

孤独そのもののように

美しさを引き立てて

ほんとうに

さみしい

 

週末

酔っては醒める

解ける魔法を見送る日

儚い君とは僕のこと

| | 19:35 | comments(0) trackbacks(0) | 少年Aの散歩 | 投票 |
スポンサーサイト
| - | 19:35 | - - | 少年Aの散歩 | 投票 |









http://yazakit.jugem.cc/trackback/826